胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

敬老の日に感謝を伝えるなら胡蝶蘭がおすすめ|胡蝶蘭 お祝い

*

敬老の日に感謝を伝えるなら胡蝶蘭がおすすめ

      2017/02/21

胡蝶蘭お祝い
「敬老の日」と言えば9月の第3月曜日ですね。この日が制定された目的は「社会に貢献してきた老人を敬愛して、その長寿を祝う」ということにあります。こうした節目となる機会にきちんと連絡を取って、子供や孫が感謝の言葉を述べる、というのは敬意や尊敬の念を培うという面でも非常に良い習慣と言えるでしょう。近くに住んでいれば一緒に食事へ行くということもできることでしょう。ただすべての人がそうできるわけではないため、メッセージカードや電報などでお祝いの気持ちを伝えるケースもあります。また「ずっと元気でいてほしい」という思いを込めて胡蝶蘭などをギフトとして贈る人も増えています。胡蝶蘭が特に贈り物として好まれる理由として、花を長い期間観賞できるというものがあります。通常の花束であれば1週間程度で元気がなくなってしまいます。一方胡蝶蘭は1カ月から2カ月、長い場合では4カ月近く咲き続けたというケースもあるようです。そのため「元気で長生きしてほしい」というコンセプトが伝わりやすいと評判です。