胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

就任や栄転のお祝いにぴったりの胡蝶蘭は|胡蝶蘭 お祝い

*

就任や栄転のお祝いにぴったりの胡蝶蘭は

      2016/11/15

50852bd6c1360d38b2f15129fc62c0a8_s
取引先の会社にお祝いを贈る機会と言えば、就任祝いや栄転祝いでしょう。
特に社長や会長、取締役や役員などへの就任に際して贈り物をすることは不可欠であり、最低限のビジネスマナーと言えるでしょう。
たとえ相手と直接面識がない場合であっても、お祝いの気持ちを表すことは非常に大切です。贈り物として有名ブランドのビジネスアイテムなどを選ぶ人もいるようです。
ただし相手の好みに合うものかどうかを事前に見極めるのは容易ではないことが多く、華やかさと置く場所を選ばないという機能性から、フラワーアレンジメント、特に胡蝶蘭が選ばれています。では花を届けるタイミングはいつが良いのでしょうか。
基本的には取引先に詳細な連絡がありますから、その内容に準じて決めましょう。就任祝いであればその日付に合わせて会社へ贈り、栄転祝いであればその当日に赴任先あてで贈るのがマナーとされています。
事前に贈る場合には、会社宛に贈ることは避け、ご自宅に配送してもらいましょう。
そうすることで期日までの前任者に不快な思いをさせるという状況を避けることができます。
やはり重役への贈り物と言うことで、花は存在感のある5本立てタイプが人気で、予算は5万円前後が一般的です。主要な取引先である場合には10万円前後の豪華な胡蝶蘭を贈ることも少なくありません。
色は花弁の大きい白が一般的に好まれるものの、贈る相手が女性の場合にはピンクが選ばれるケースも増えています。贈る際に立て札の内容を十分に確認して、就任の内容が明示されているようにしましょう。
「この度はご就任おめでとうございます。卓越した手腕をいっそう発揮されますようご期待申し上げます」
といった文言を添えるならさらに受け取った相手の印象に残ることでしょう。