胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

開店のお祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナー|胡蝶蘭 お祝い

*

開店のお祝いに胡蝶蘭を贈る際のマナー

      2016/11/01

胡蝶蘭お祝いサイズ
開店祝いとは、新しく店舗をオープンした際に贈るプレゼントのことで、仕事の取引先相手に贈ることもあれば、親しい友人や知人へ贈ることもあります。新規店舗の開拓に成功しているということは現在の事業が順調に拡大していることの表れであり、取引先などからお祝いとして届くギフトの数も多くなることでしょう。特におめでたい雰囲気を盛り上げる華やかなフラワーアレンジメントや胡蝶蘭を贈ることが一般的です。特に人気があるのは大輪タイプの白い胡蝶蘭で、パッケージにはゴールドや光沢のあるものが選ばれています。ギフトとして贈る胡蝶蘭の価格相場は、知人や友人であれば1万円から3万円程度、取引先に贈るケースでは、その会社との間にどれほどの売り上げがあるかに大きく左右されるため、1万円から5万円と幅広くなります。いずれの場合においても、決められた予算の中でより華やかなものを選ぶことが大切です。そうすることで受け取った相手の印象に残る、というだけでなく、お祝いで訪れた人の目にも留まりやすくなり、会社として贈る場合には宣伝効果も期待できるからです。注意すべき点としては、花の色やラッピングで赤い色を使わない、ということでしょう。これは「赤」という色が火、あるいは火事を連想させてしまうからという理由があります。また贈る際には木札に店舗名を明確に記載することが大切で、誤字がないように十分注意しましょう。さらにメッセージカードを通してお祝いの気持ちを伝えるのも良いでしょう。「ご開店おめでとうございます。念願成就、お喜びもひとしおのことと存じます。千客万来・商売繁盛を心よりお祈り申し上げます」といった文言を付けるなら、新規店舗をオープンしたことに対する誠実な喜びの気持ちが伝わることでしょう。