胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

胡蝶蘭に添える立札にお祝いの気持ちを込める方法|胡蝶蘭 お祝い

*

胡蝶蘭に添える立札にお祝いの気持ちを込める方法

   

胡蝶蘭販売
ビジネスで胡蝶蘭を贈る時には立札を付けるのがマナーです。画一的になりやすい札の内容にお祝いの気持ちを込める方法をお教えしましょう。
“胡蝶蘭が高い人気を誇る理由としては、気品のある美しさの他に、開花した後も長く楽しむことができるという点でしょう。大抵の場合は満開を迎えた花はおよそ1週間程度で見ごろを過ぎてしまうものです。一方胡蝶蘭はおよそ2カ月、長い場合で3カ月ほど満開の花を楽しむことが可能です。そのため「長寿」や「繁栄」を連想させる贈り物として、個人間のお祝いだけでなくさまざまなビジネスシーンでも活用されています。特に社長職や役員などの就任祝いや栄転祝いでは贈り物の定番となっています。また芸能界でもテレビなどの番組出演祝いなどで頻繁に用いられています。ではそうしたフォーマルな用途で贈る際に気をつけなければいけないマナーがあるでしょうか。一つは「立札」に関するマナーでしょう。ビジネスにおいて胡蝶蘭を贈る際には必ず立札を付けます。その際には「祝」や「御祝」という文言が大きく明記されているとともに、「贈り主」と「お祝いの理由」がはっきりわかるようにしましょう。受け取る相手を記載するケースはさほど多くないものの、送り先が会社や事務所で、なおかつ贈り物が特定の個人に向けたものである場合には、受取人の名前も明記するほうが無難でしょう。この際には表記の内容を事前によく確認することが求められます。受け取り人の名前は必ず贈り主よりも上に記載されていなければなりません。ただ相手の役職名が長い場合、スペースの都合上受取人の名前が札の下方に書かれてしまうことがあり、不快な思いをさせてしまったということがあるようです。こうした点で配送を依頼する業者との良いコミュニケーションを保ち、受け取る人の感情に配慮することは非常に大切です。立札を最大限に活用する方法として、裏面を活用することをお勧めします。そこに「商売繁盛」などの文言を書いておくことでお祝いの気持ちをさらに伝えることができるでしょう。

胡蝶蘭の立札にお祝いの気持ちを込めて贈りましょう

立札の他にメッセージカードを付けて贈るケースも増えてきています。「お祝いの文言をどうやって選んだら良いのかわからない」とお悩みの方がおられましたら、どうぞ当社グリーンフォエバーまでご相談ください。ビジネスマナーに通じた弊社スタッフがわかりやすくご説明させていただきます。当社は華やかで高級感のある胡蝶蘭を格安でご提供するとともに、迅速で丁寧な対応をモットーとしております。まずは弊社ホームページからメールでお問い合わせいただくか、またはお電話にてご連絡ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。