胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

お祝いの定番胡蝶蘭に特別な意味を込めてみませんか|胡蝶蘭 お祝い

*

お祝いの定番胡蝶蘭に特別な意味を込めてみませんか

      2016/05/25

昔から美しさの象徴として高い人気を保ってきた胡蝶蘭は、お祝い事の定番となった今でも大切な人へ特別な意味を込めることができる素敵な花です。

蘭は日本において「洋蘭」、「東洋蘭」と「日本蘭」の3つに分類されています。可憐な美しさを誇る胡蝶蘭は「洋蘭」に分類されており、正式な学名はファレノプシスというものです。この言葉はギリシャ語に由来しており、「蛾のような」という意味があります。ただ日本においては、この花の持つ魅力や優美さを表現する名前としては「蛾」よりも「蝶々」の方が相応しいのではないか、ということから「胡蝶蘭」という名前になったと言われています。もともとの原産地は台湾やフィリピンを含む東南アジアと言われており、現地でも昔からその美しさゆえに高い人気を誇っています。特にこの花のもつ愛らしさや品のある美しさに憧れを感じる女性は多く、かつてはそのエッセンスを吸収することを願って食用にしていた人たちもいると言われています。では現在日本において、特にお祝いの際に胡蝶蘭を贈ることにはどんな意味があるのでしょうか。一つには商売や家族の繁栄を願う気持ちから贈られます。この花は乾燥した気候に強く、水を頻繁に与えなくても美しい花を咲かせ続けることができます。開花してから少なくとも1カ月、長い場合では4カ月以上も咲き続けたというケースもあるようです。この特長が商売繁盛や家族繁栄を連想させる、縁起の良いものとして考えられるようになり、結果として就任祝いや創設祝いなどのビジネスシーンにおいて、また結婚記念日や還暦祝いなど家族の記念日に用いられるようになりました。またこの花を贈る時には、恋人や配偶者に対して愛情を伝えるという意味が込められることもあります。これはこの花を持つ「純粋な愛」という花言葉に由来していて、プロポーズの時や結婚式のブーケにも利用されることが多くなりました。

お祝いの定番胡蝶蘭に特別な意味を込めてみませんか

胡蝶蘭と言えば、その気品のある美しさから最高級の贈り物としてフォーマルな用途に使われることが多いですよね。ただこの花の持つ意味をよく考えると、実は大切な人に特別な思いを伝える場合にも大変有用なプレゼントとなることがわかります。当社グリーンフォエバーでは、特別な機会に贈るプレゼントをお探しの方のご相談をお待ちしております。フラワーアレンジメントに精通した専門スタッフがお客様のご要望を細かく伺った上で素敵なデザインの商品をご提案させていただきます。弊社では徹底した品質管理を行っており、常に最高の状態の胡蝶蘭をお客様のお手元にお届けいたします。まずは電話かメールでお問い合わせください。