胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

胡蝶蘭の贈り方に注意して楽しいお祝いにしましょう|胡蝶蘭 お祝い

*

胡蝶蘭の贈り方に注意して楽しいお祝いにしましょう

      2016/05/20

豪華なお祝いの花といえば胡蝶蘭です。2つの点で贈り方に注意しておくなら、贈る方も贈られる方も幸せな気持ちになることでしょう。

“豪華さと気品を兼ね備えた花、と言えば多くの方が「胡蝶蘭」を思い浮かべることでしょう。高級感があるこの花はお祝いの贈り物としても大変人気があり、選挙の当選祝いから就任祝い、さらには喜寿や米寿のお祝いなどにも活用されています。ただ利用される割合としてはビジネスシーンが多いのも事実です。では個人として胡蝶蘭をプレゼントしたいと思う場合、どんな点を念頭に置いておくと良いのでしょうか。この花の贈り方として覚えておきたいポイントは2つあります。1つ目は贈る日付です。誕生日や還暦祝い、結婚記念日などのお祝いは当日に届くようにしましょう。ただ設立祝いや開店祝いなどでは、前日までに届けておくのが無難とされています。特に規模の大きなパーティなどが催される場合には複数の花が届けられるため、当日届いても置き場所がない、という事態も起こり得ます。また胡蝶蘭の配送に関しては時間指定が難しい場合もあるため、パーティーの終了後に届いてしまうということも有り得ます。ですから十分前もって注文して希望日までに確実に届くよう手配しましょう。もう一つ覚えておくべき点は、花の色選びです。新規店舗のお祝いや新築・引っ越し祝いには「火事」を連想させる赤い胡蝶蘭を避けましょう。また新規事業の立ち上げに際しても「赤字」のイメージと繋がりかねない赤い花を避けるのは大切です。またお悔やみに際しては仏事に適した色として必ず白の花を贈りましょう。四十九日法要が終わるまでは特に注意が必要となります。こうした小さなことでもご遺族の気持ちに配慮を示すことができます。一方還暦祝いなどでは、縁起が良いとされる赤い花を贈ることで雰囲気を更に盛り上げることができるでしょう。

お祝い用の胡蝶蘭は贈り方にも気を使いましょう
花の大きさを先方のスペースに合ったものにすることや立札の内容をよく精査するなど、他にも贈る時に気を付けることが幾つかあります。もしご相談を希望される方は、どうぞお気軽に当社グリーンフォエバーへお問い合わせください。贈答に関するマナーに精通したスタッフがポイントとなる点をわかりやすくご説明いたします。弊社は提携農園との協力により万全の品質管理を行っております。また丁寧な配送と迅速な対応によって東京を中心として多くのお客様にご愛顧いただいております。ご不明な点がございましたら、当社ホームページのメールフォームからご連絡いただくか、もしくは専門ダイヤルまでご一報ください。