胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

敬老の日にお祝いの胡蝶蘭をプレゼントしましょう|胡蝶蘭 お祝い

*

敬老の日にお祝いの胡蝶蘭をプレゼントしましょう

      2016/04/19

敬老の日に感謝を伝える方法は人によってさまざまで、メッセージカードや電報に加えて、胡蝶蘭を贈る人も増えています。最近の傾向をレポートします。 「敬老の日」と言えば9月の第3月曜日ですね。この日が制定された目的は「社会に貢献してきた老人を敬愛して、その長寿を祝う」ということにあります。こうした節目となる機会にきちんと連絡を取って、子供や孫が感謝の言葉を述べる、というのは敬意や尊敬の念を培うという面でも非常に良い習慣と言えるでしょう。近くに住んでいれば一緒に食事へ行くということもできることでしょう。ただすべての人がそうできるわけではないため、メッセージカードや電報などでお祝いの気持ちを伝えるケースもあります。また「ずっと元気でいてほしい」という思いを込めて胡蝶蘭などをギフトとして贈る人も増えています。胡蝶蘭が特に贈り物として好まれる理由として、花を長い期間観賞できるというものがあります。通常の花束であれば1週間程度で元気がなくなってしまいます。一方胡蝶蘭は1カ月から2カ月、長い場合では4カ月近く咲き続けたというケースもあるようです。そのため「元気で長生きしてほしい」というコンセプトが伝わりやすいと評判です。またこの花は、外気温の変化に敏感ではあるものの、水の世話などはそれほど頻繁に必要としないため、室内で直射日光に当たらない場所に置いておけば、手間はそれほどかからないという点でも人気があります。多くの販売サイトでは敬老の日専用ギフトとして、胡蝶蘭の色に合わせた可愛らしいメッセージカードを無料でサービスしていて、文章も定型文から選ぶか、決まった字数の中で自由に作ることもできます。費用は2本立てのミディタイプで8千円前後、3本立ての大輪タイプなら1万5千円から2万5千円ほどのものに人気が集まっています。

敬老の日に特別なお祝いとして胡蝶蘭を贈りましょう

年配になった親や祖父母に対して、ねぎらいの気持ちや感謝の思いを伝えるのは大切なことでしょう。「なかなか気恥かしくて言葉では伝えづらい」という方がおられましたら、どうぞ当社グリーンフォーエバーまでご相談ください。「敬老の日」に合わせた特別な胡蝶蘭をご提案させていただきます。弊社にはフラワーアレンジメントの豊富な経験と知識を持つスタッフが大勢おりますので、ご要望やご質問など何なりとお申し付けください。オーダーメイドのご注文も喜んで承ります。弊社で取り扱っている商品はすべて最高品質のものばかりですから、受け取られた方にもきっとご満足いただけます。まずはお電話もしくはメールにてご連絡ください。”