胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

お祝いの定番である胡蝶蘭を母の日に贈る理由|胡蝶蘭 お祝い

*

お祝いの定番である胡蝶蘭を母の日に贈る理由

      2016/04/19

「母の日」が日本で始まって半世紀以上が経ち、最近ではプレゼントとしてお祝いの定番である胡蝶蘭を選ぶ人も増えてきています。その実情に迫ります。 「母の日」という記念日は世界共通で存在している、ということをご存知でしたか。日本では1950年ごろからこの習慣が始まったとされています。日付は国によって違いがあり、日本はアメリカと同じく毎年5月の第2日曜日と定められていて、多くの人がこの日が家庭を支える母親の働きを思い起こして感謝する大切な機会である、と考えているようです。では感謝を具体的な仕方で表してみるのはどうでしょうか。「母の日」に贈るものといえば大抵の人は赤いカーネーションを思い浮かべることでしょう。カーネーションには「無垢な愛」「深い愛」「母への愛」といった花言葉があり、慈愛に満ちたこれらの表現は確かにこの日の贈り物にぴったり合うものと言えます。さらに最近では、初夏の花であるアジサイやバラを贈るひとや、胡蝶蘭をプレゼントする人も増えてきています。胡蝶蘭と言えば「お祝いの花」というイメージが強いものの、この花にも「純粋な愛」という美しい花言葉があることから、母の日用のギフトとしてもふさわしいと言えるでしょう。カラーバリエーションを優先したいなら、ミディタイプから選ぶことをお勧めします。母の日専用にデザインされた商品は数多くあり、美しくラッピングされた花束のタイプもあれば、竹筒などこだわりの器に美しく飾られたものもあります。2本立てのコンパクトサイズなら7千円前後、3本立てならお値段は1万円前後とどちらもお手頃な価格です。ただし、ミディタイプは大輪タイプと比べて観賞期間が短くなる傾向がある、という点を覚えておきましょう。ですからできるだけ長く楽しんでほしいと思う人たちには大輪タイプの胡蝶蘭をお勧めいたします。値段は1万5千円から2万5千円程度が相場です。

お祝いの定番胡蝶蘭を大切な母の日に贈りませんか

お花の横にメッセージカードを添えるなら、「ありがとう」という感謝の気持ちはいっそう伝わることでしょう。「母親が好きな色の胡蝶蘭でオーダーメイドにしたい」というご希望をお持ちの方がおられますか。どうぞお気軽に当社グリーンフォーエバーまでご連絡ください。弊社の専門スタッフがご予算とご希望条件に合わせて幾つかのオプションをご提案させていただきます。弊社では徹底的な品質管理を実施することにより常に最高品質の胡蝶蘭をお客様にご提供いたします。同時に提携農園との緊密な協力によって地域最安値も実現することができております。ご不明な点・お知りになりたい点がございましたら、どうぞご遠慮なくメールもしくは電話にてお問い合わせください。”