胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

オフィス移転のお祝いに気の利いた胡蝶蘭を選ぶ方法|胡蝶蘭 お祝い

*

オフィス移転のお祝いに気の利いた胡蝶蘭を選ぶ方法

      2016/05/13

胡蝶蘭お祝い
取引先のオフィス移転に際してはお祝いを贈るのがルールです。他の企業と差をつけるための気が利いた胡蝶蘭の選び方を伝授いたします。移転祝いとは、企業がオフィスや事務所を引っ越した際に、その取引先である企業から贈るお祝いのことで、さらなる商売繁盛を祈願して行われるものです。その際には日ごろからの感謝と引き続きの良い関係を願って華やかな胡蝶蘭を贈ることが一般的になっています。予算としては1万円から3万円が相場とされています。お祝いを先方に贈るタイミングとしては、移転が完了してから2週間以内が良いとされています。ただし、移転日に贈るかどうかに関しては注意が必要です。多くの場合、取引先の企業には事前にオフィスの変更に関する通知が届きます。その日付が週末に設定されている場合、当日は引っ越し作業が行われる可能性が高く、週末は社内インフラの敷設などで外部業者が多数出入りすることも予想されます。ですから本格的に業務が再開するのは週明けの月曜日以降ということになります。こうしたことを念頭に置いて、花を新しいオフィスに届けるタイミングについても、週明けの平日に設定するのが理想的でしょう。胡蝶蘭の色を選ぶ際には先方の会社のコーポレートカラーに合わせるのも良いでしょう。「コーポレートカラー」とは、企業のロゴや製品に用いられる、その会社のコンセプトまたは象徴となるカラーのことです。白やピンク、黄色やパープルなどが用いられているなら、その色に合わせた胡蝶蘭を贈ることをお勧めします。新たな門出にふさわしいギフトとして大いに喜ばれることでしょう。このように細かな気遣いをすることで、他の会社から贈られるお祝いとの差をつけることができるかもしれません。「ご移転おめでとうございます。貴社の一層のご発展をお祈り致しております。今後ともよろしくお願い申し上げます」といった文言を必ず添えて花を贈りましょう。

取引先の移転祝いにはお洒落な胡蝶蘭を選びましょう

贈り物をする前に、オフィスの引っ越しに至った理由を必ず確認するのも大切なことです。もしネガティブな要素が関係しているのであれば、社内で事前によく打ち合わせておく必要があるでしょう。「突然移転の通知が来て、すぐに手配したい」「色の選び方がわからない」などでお悩みの方がおられましたら、どうぞ当社グリーンフォーエバーまでご相談ください。経験豊富な弊社のスタッフがご要望や先方様のイメージ等をお伺いしたうえで最適と思えるプランをご提案させていただきます。弊社は徹底した品質管理をモットーとしており、ご依頼いただくすべてのお客様にご満足いただける自信がございます。胡蝶蘭に関することならどのようなことでも結構です。どうぞお気軽にお問い合わせください。”