胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

社長就任のお祝いにひと際目立つ胡蝶蘭を贈るべき訳は  |胡蝶蘭 お祝い

*

社長就任のお祝いにひと際目立つ胡蝶蘭を贈るべき訳は  

      2016/05/12

胡蝶蘭お祝い
社長就任のお祝いを贈ることはビジネスマナーの中でも特に重要で、定番の胡蝶蘭を贈る際にも注意する点が幾つかあります。どうぞご一読ください。社長就任祝いには、お祝い時の定番である胡蝶蘭を贈るのが良いでしょう。可憐で可愛らしいということからユリの花を贈るというケースも時折見られるようです。ただ、贈られた花は大抵社長室に飾られることを考えると、高級感があり、香りがほとんどなく、さらに長い期間花を楽しむことができるという利点を持つ胡蝶蘭を贈る方が無難であると言えるでしょう。また「幸せが飛んでくる」という花言葉はビジネスにとって大変縁起が良いものとされていることからも、就任祝いにはこの花が適していると言えます。では花を贈るタイミングとしてふさわしいのはいつでしょうか。もし株式会社の社長であれば、正式に就任するのは株主総会での了承を得てからということになります。ですから総会終了後になるべく早く贈ることが望ましいでしょう。タイミングがどうしてもわからないということであれば、先方の会社へ連絡を取り、秘書の方などに受け取りの都合が良い日付と時間を教えてもらうこともできます。注意すべき点として、会社に直接送るのであれば必ず就任後に届くよう手配しましょう。そうすることにより、贈り物が前任の方の目に触れてひんしゅくを買うという事態を避けることができるでしょう。また、縁起の良い花を縁起の良い日に贈る、という考えを大事にして、相手に届く日付が仏滅にならないようにも注意しましょう。同時期にかなりの数の胡蝶蘭が届くことが予想されます。ですから周りと比較されても外見で見劣りすることのないように、多くの場合5本立て以上のデラックスタイプが選ばれています。予算はおよそ5万円から7万円ほどです。花に付ける立て札の内容も誤りがないようによく精査しましょう。「社長ご就任おめでとうございます。益々のご健康とご活躍を心よりお祈り致します」といった文言を添えて贈ることにより、お祝いの気持ちを確実に伝えることができるでしょう。

社長就任のお祝いにはゴージャスな胡蝶蘭がお勧めです

お祝い用の胡蝶蘭につける立て札は、新たに社長となった方への挨拶となる重要なビジネスアイテムです。それで、贈り主と受け取り主の名前など、記載内容に誤りがないかどうか事前に確認するのは大切です。弊社グリーンフォーエバーでは、ご依頼をいただければ事前に立て札の画像をお送りして、内容を精査していただくことも可能です。大切なビジネスパートナーとの良好な関係を保つ上で、皆様のお役に立てるなら幸いです。日付指定や予算などのご相談も随時承ります。どうぞお気軽にご連絡ください。”