胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

お祝いに贈る定番の胡蝶蘭が広く受け入れられる理由|胡蝶蘭 お祝い

*

お祝いに贈る定番の胡蝶蘭が広く受け入れられる理由

      2017/09/26

胡蝶蘭お祝い
華やかな雰囲気からお祝い事に重宝される胡蝶蘭は、選挙や会社のお祝いだけでなく個展や美術展の受け付けなどでも見かけるようになりました。またシンプルで品のあるたたずまいのこの花は、飾り付けの際に異なる種類の花々とも合わせやすいという特長があります。では優雅で気品溢れるこの「胡蝶蘭」という花がお祝い事や式典の定番となったことにはどんな理由があるのでしょうか。主に2つの理由が挙げられます。1つ目としては様々な意味で縁起が良い、ということが考えられます。まずこの花の花言葉は「幸せが飛んでくる」というもので、個人・ビジネスを問わず「右肩上がり」を連想させるということが人気につながっています。実際に創立祝いや周年祝いなどビジネスの用途でこの花を贈る際には、向かって右側の花がより高い位置になるよう配慮される、というケースも多いようです。またこの花の名前にも示されているように、花弁の形が蝶が舞っているように見えることから「羽ばたく」、つまり「商売が上向く」という意味でも縁起が良いとして受け入れられています。さらには花の外見が凛として美しく、毅然として立っているように見えることも「経営が傾いていかない」というイメージを伝えるものとして好評です。2つ目としては価格競争によって購入しやすくなったという点が挙げられるでしょう。もちろん現在でも社長や大臣の就任祝いといった特別なケースでは数十万円する胡蝶蘭が贈られることも少なくありません。とはいえ、かつては1本当たり1万円という相場だったものが、現在では最高品質のものを3本立てで注文したとしても2万円以下で購入することが可能となっており、購入者層の裾野を広げることに大いに貢献したと言えるでしょう。