胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

大切な人の出産祝いに胡蝶蘭を贈る|胡蝶蘭 お祝い

*

大切な人の出産祝いに胡蝶蘭を贈る

      2017/06/20

945e04d8a9aabc3fee833e93daa7526f_s
親族や友人に子供が生まれた時は、ぜひお祝いにプレゼントを贈りたいと思いますよね。贈り物としてよく選ばれているのは、離乳食や上質なタオルなどの実用的なものに加えて、お部屋を華やかな雰囲気に替えてくれる花束、特に胡蝶蘭です。この花は花粉や香りがほとんどないことから、置く場所を選ばないことで人気があります。ただし贈るタイミングには注意が必要です。出産直後はお母さんの体調が安定していなかったり、赤ちゃんの具合が良くないという可能性もありますから、すぐにプレゼントを贈ることは避けた方が良いでしょう。また病院で受け取っても保管する場所に困ってしまったり、退院時に荷物がかさばってしまうということも起こり得ます。ですから贈り物をする良いタイミングは、退院後少し経ってから、2週間から3週間後を目安として考えておくと良いでしょう。必要であれば、前もって電話をかけてお祝いの気持ちを伝えるとともに、胡蝶蘭を贈りたいということをさりげなく伝えておいてもよいでしょう。数多くある胡蝶蘭の中でも出産祝いとして選ばれているのは、色のバリエーションが豊富なミディタイプです。その中でも白や淡いピンクなどの優しい色が好まれています。ミディタイプに人気が集まっている理由としては、サイズがそれほど大きくはないので家の中でどこに置いてもうるさい感じがしないという点と、お祝いで訪れたお客さんの視線が赤ちゃんではなく花に向いてしまう、という事態を避けることができる、という点が挙げられます。また贈る際にはメッセージカードを付けるのも良いでしょう。「ご出産おめでとうございます。お子様の健やかな成長と、ご家族の皆様のご健勝を心よりお祈り致します」といった文言を添えて贈るなら、お祝いの気持ちがいっそう伝わることでしょう。