胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

満開の胡蝶蘭をお祝いにどうぞ|胡蝶蘭 お祝い

*

満開の胡蝶蘭をお祝いにどうぞ

      2017/06/06

1778472a6fd2ba2d86acc2c4552777b6_s
フィリピンやインドネシアなどの東南アジアを原産地とする胡蝶蘭の開花時期は、本来2月から3月と言われています。これは原産地の気候に合わせた、この花が持つ独特の習性が関係しています。胡蝶蘭は雨が多く寒さが厳しい季節になると葉と根を目いっぱい成長させて栄養吸収を行おうとします。対照的に好天が続いて暖かくなると葉の成長を止めて花を開かせる、という特性があるのです。それで自然栽培をしている場合は、冬の終わりから春の初めにかけての時期がこの花の旬と言えるでしょう。ただし最近では一年中一定の温度と湿度を保つことが可能なハウスでの栽培が一般的になってきたため、季節に関係なく一年を通して楽しむことができ、園芸店や通販を利用していつでも購入することができるようになっています。胡蝶蘭は一度開花すると2カ月以上楽しむことができる、と言われているものの、「一か月と持たずに花がすべて散ってしまった」という残念な思いをした経験をお持ちの方も多いようです。ではお祝いなどで咲いた鉢植えをいただいた場合、どのような点に注意して世話をすれば長く花を楽しむことができるのでしょうか。ポイントは、葉を伸ばしたくなる環境にしないことです。この花の持つ特長に合わせて、水のやり過ぎを避けることが肝要です。根がいつも湿った状態にあると根腐れを起こしやすくなってしまうからです。また暖かい場所で管理することも大切です。とはいえ、葉の表面が焼けてしまわないように、直射日光の当たらない場所に置きましょう。