胡蝶蘭お祝いならグリーンフォエバー

胡蝶蘭 お祝い・観葉植物販売グリーンフォエバー

おすすめ商品

おすすめランキング1位 詳細はこちら 人気ランキング1位 詳細はこちら

当店が選ばれる理由

生産の流れ

お祝いの贈り物に胡蝶蘭を贈る

知人の開店祝いや引っ越し祝い、又新築祝いなどに胡蝶蘭を贈るのは一体なぜなのでしょうか。
贈ったことのある人でもその理由を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。
 まず第一の理由として花言葉があります。
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。
胡蝶蘭には色ごとに花言葉があってすべてに共通するのがこの「幸福が飛んでくる」です。
それでは、色ごとの花言葉を見て行きましょう。
 まず、白い胡蝶蘭の花言葉は「純粋」です。
この白い胡蝶蘭は花嫁さんの白無垢のイメージに考えられることが多く、結婚式のお祝いのお花としてよく贈られています。
また花嫁のブーケとしても使われることが多いですね。真っ白で「純粋」と言う花言葉を持つ白い胡蝶蘭を大切な人の結婚式の贈り物にすればきっと喜ばれるでしょう。
 そしてもう一つは、ピンク色の胡蝶蘭。この花言葉は「あなたを愛する」というなんともロマンチックな花言葉が付けられています。
例えばプロポーズのときや結婚記念日のお祝いのときに大切な人への贈り物としてプレゼントすれば相手はきっと喜んでくれるでしょう。
また、英語での花言葉はとてもわかりやすく「love」「beauty」「luxuly」「refinement」。
それぞれ「愛」「美」「豪華」「優雅」で、その気品の高さと評価の高さは万国共通と言っても過言ではありません。
 胡蝶蘭は花言葉のほかにも縁起がいい理由として、根を張る植物ということから「人が根づく」ようにと願いを込めて贈り物として用いられています。
その他にも花期が長く世話をしやすいという理由や、見た目が高級感があって、凛としてたくましいなどという理由で贈り物として多くの人に好まれています。
そして贈る時期は前日に付くようにするのが好ましいでしょう。
ただし、お見舞いのときにはふさわしい花ではありません。
「病に根がつく」という風にとらえられるので控えた方がよいでしょう。
 胡蝶蘭は学名phalaenopsis、フェレノプシスと言うギリシャ語で直訳すると蛾に似ているという意味ですが、日本では蝶が舞っているように見えるという理由でこの名前が付けられました。

国内翌日配送可能

胡蝶蘭の歴史

胡蝶蘭の生態を見てみると原種はインド南部から中国、台湾、パプアニューギニアなどの東南アジア全域とオーストラリア北部と言う広い地域に分布しています。
胡蝶蘭は熱帯性の植物という分類上、水分は比較的少なくても問題はなく、毎日お水をあげなくても大丈夫です。
そのためお花のお世話は比較的簡単な方だと言えるでしょう。
本来の開花時期は2月から3月くらいですが、近年では人工改良や温室などの利用で一年中花を咲かせることができるのでどんな時期でもお祝いの贈り物として多くの方に慕われています。  東南アジア全域に生息しているということからもわかりますように、どのような気候条件にも順応しているということになります。
胡蝶蘭の種類は50種類ほどあるとされていて、中には自然交雑したものも数多くあり名称不詳で流通されているものもあるようです。
日本には明治時代にイギリスから輸入され、当時は熱帯性の植物は大変貴重なものであり一部の上流階級の人々にだけ親しまれていたようです。
その後、日本でも栽培技術が発達して、少しずつ一般的に届くようになり広まっていったようです。

農場から直送

お祝いの時に贈り物に胡蝶蘭を

次に胡蝶蘭の選び方を考えてみましょう。
一言に胡蝶蘭と言っても大きいものから小さいもの、色も種類も金額もいろいろあります。
まず、予算の面では、お祝いの贈り物をする相手はどんなお付き合いのある方かということを判断してみましょう。
一般的には友人やお知り合いくらいなら1万円から1万5千円位が相場だと言えます。
それよりも親交の深い先輩や上司には2万円から2万5千円位が無難でしょう。
そして企業などの大口のお客様や今後そのようになりそうな大切な方へのお祝いの贈り物の場合には3万円から4万円位のゴージャスなものが大きな印象を与えるでしょう。
とはいえその相手様の会社や家などの広さやスペースなども考慮して贈り物をすることが一番大事ですので、大きいからと言ってよいものではなく、その状況に合わせて考えてみるのがよいでしょう。
また、胡蝶蘭の色も何種類かありますが、色に迷ったらやはり白を贈ることをお勧めします。
白は万人受けする色です。
ピンクや紫は好き嫌いが分かれるところだと思われます。
白色は清潔感もありどんな場所にでも馴染む色なので、どなたにも喜んでいただけるでしょう。
お祝いを贈る時にもいろいろ考えることが多いですね。
 また、お祝いの胡蝶蘭に立て札やメッセージカードなど添えるとより喜んでもらえるでしょう。
その際にはあまり長文にはならないようにお祝いの言葉を簡潔にまとめるのがようでしょう。
 このように胡蝶蘭はお祝いの贈り物として、日本の文化に根付いてきています。大切な人のお祝いの贈り物には胡蝶蘭を贈ることをお勧めします。 

業界トップクラスの生産量